クレジットカード現金化で失敗しないためには、複数の金券ショップを不定期で利用する

クレジットカード現金化トータルいろはは、クレジットカード現金化を徹底的にわかる事ができるホームページなんです。クレジットカード現金化に対する質問事項がスカッと解決することが可となっています! - クレジットカード現金化で失敗しないためには、複数の金券ショップを不定期で利用する

クレジットカード現金化で失敗しないためには、複数の金券ショップを不定期で利用する

逆にです。
金券ショップと距離を保つことも有用です。
店員さんと会話をせず、たまにやってきて売買する。
そんな関係が良いかもしれません。
またあの人来たよ!でも深入りしない。
それが常態化すれば、空気のような存在となり、
クレジットカード現金化もスムーズにいくでしょう。

失敗するパターンとは

失敗する事例は、慣れた時に起きやすいものですね。
これまで大丈夫だったから!
その油断が失敗を招きます。
例えば今までは商品券を10枚単位で換金していました。
しかし欲を出して20枚!
もちろん通常ならば問題ないでしょう。
とはいえ何かおかしいと思われたら。
どんどん悪い方へ転がっていきます。
一方で、あの人毎週定期的に10枚売っているね。
そんな話が流れたら。
次来た際に、何気なく話しかけられるかもしれません。
その時も冷静な言い訳をできますか。
パターン化は、自覚がないからこそ怖いことでもあります。

複数の金券ショップを不定期で利用しましょう

一見何かを探しているように、
複数の金券ショップをフラフラとしましょう。
そして不定期に、何か思い立ったように、何かを買いましょう。
この場合にもパターンを示してはいけません。
同様に売る際も、なるべく不定期にした方が良いですね。
なおショップによって得手不得手があります。
A店は商品券、B店は回数券、それぞれ換金率が高いこともあります。
それでもあえて違うお店で換金しましょう。
「あえて」やる!素人を装うことで疑いが晴れます。

どうするか

なるべく広いテリトリーを考えて、
不定期に複数のショップをぶらぶらしましょう。
なお突然話しかけられても良いように、
金券を売買するストーリーを想定しておきましょう。
間違ってもクレジットカード現金化のことを口外してはいけません。
罠のこともありますから。